読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コストコな日々

コストコでお買い物した商品の感想&評価


スポンサーリンク

ペリエ 500ml×24本 【ストアクーポン】

ドリンク類

f:id:Costco:20131202104053j:plain

ペリエ 1798円 500ml×24本 ストアクーポン▲250円 =1548円(1本 64.5円) 

>過去の記事はコチラ

 

 

2013年12月のお話です。

 

ストアクーポン250円だったので、クリスマスに飲もう!とペリエを購入してみました。

 

 2013年4月には、通常 1698円 (1本 70.75円) ストアクーポン 350円を携帯で見せて 1348円(1本 56.1円)でした。

 

比較すると

 

今回の販売価格  1798円   前回の販売価格 1698円  差額100円

 

今回ストアクーポン 250円   前回ストアクーポン 350円 差額100円 

 

 

合計200円ほど、サービス価格も差が出ています。

 

そういえば、あのときってストアクーポンを携帯で見せるか、プリントアウトしてくださいっていう新しいサービスが導入されたんですけど、見せ忘れる人が続出し、返品カウンターの仕事が増えたせいなのか?いつの間にか行われなくなりましたね。

 

 

ペリエは炭酸水なのですが、これが「天然」なんですよ~。

 

炭酸水が湧き出てるなんて信じられない!

 

どんな光景なのかなぁ。

 

 ◆ペリエについて

 はるか昔、ピレネー山脈の造山活動による大きな地殻変動が起こりました。そのときにできた断層や亀裂により、天然ガスを含む地層と地下水の層が偶然に出会い、天然の発泡水が生まれました。これが「ペリエ」が“奇跡の水”と呼ばれる由縁なのです。

ペリエ」の水源地は、南フランスのヴェルジェーズ。水源付近の1,300ヘクタールもの広大な土地が環境保護地区として大切に守られ、厳密に品質が管理されています。

 

 

紀元前3世紀 ローマへの行軍の途中、英雄ハンニバルが「ペリエ」の源泉があるヴェルジェーズに立ち寄り、泉の水を飲む。

 

( ゚∀゚ )紀元前3世紀ってすごーく昔!日本では弥生時代です。

   そんな頃に炭酸水飲んだらびっくりしちゃう!

 

1863年 ナポレオン3世がこの泉を"フランスの誇り"と絶賛。

 

1898年 「ペリエ」という名の由来となるルイ・ペリエ博士によるボトリング設備とボトルの開発。

 

( ゚∀゚ )日本では明治31年にペリエのボトルが開発されたんですね。

 

そんな天然のペリエはミネラルも豊富です。

 

ペリエ100mlあたり

 

・ナトリウム1.18mg

・カルシウム15.5mg

マグネシウム0.68mg

カリウム0.13mg

・リン1mg未満

・硬度(1Lあたり)約415mg

 

 

 自宅でで炭酸が作れるソーダストリームなど流行していて、そちらも炭酸好きの私には気になるところなんですが、ミネラルを摂取できるのがペリエの魅力だと思います。

 

あと、程よい苦みと、炭酸が強いところも好きです。

 

よかったら参考にしてくださーい

 

 

 

広告を非表示にする